2012年03月02日

秋山礼巳さん 逝く

 秋山君が逝ってしまった。 ちょっとはやすぎたなー。 同じ頃にきた仲間として欠けていくのは少し寂しい。

ポッダムの広島長崎広場の話があってうってつけの彼に(広島出身)連絡したがもう返事も受けられない有様に入っていた。

リンツの中島君は長崎出身で彼にも電話で話を伝えたが協力はするという返事で結局ノルウエーにいるボクが御手伝いす

ることになった。 

お別れの式にはベルリンの橋本君と参列した。昔の仲間レオ、パウル、ジェラール、中島君が来れなくてリンツからは

フロリアンーシュバルツ、そして彼の教え子の一期生5−6人が参列。 

儀式は腹を割くような大太鼓で始まり3分ほどの演奏、レオや彼の元学生がお別れの言葉ではなむけ、

最後は地からわくような静かな太鼓で〆めて終わった。

葬祭壇は簡素に彼のいつもの姿があり、バラの油絵がイーゼルに掲げられ、ウルネが小さくあった。

とても簡素で静かないいお別れができた。   

気温6度、春の気配はあっても雲の深い土曜日だった。        

 まこと
posted by 事務局 at 23:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

Symposium Norgeのホームページが開設された

sympo_norge.jpg

1985年に始まった藤原まこと主宰のSYMPOSIUM NORGEのホームページが開設された。 
URL : http://www.symposiumnorge.steinweise.de/geology.html

開催年、1985,1987,1990,1992,1994,1996,1998,2000,2002,2004,2007,2010,2011。
継続は力なり!!!

全参加者名簿
All participants in alphabetical order

Claudia Amman, Tyskland (2002)
Linda Bakke, Norge (2002)
Jacques Benard, Canada (1985)
Sissel Berntsen, Norge (1998)
Dag Birkeland, Norge (1985)
Roger Bischoff, U.S.A. (2011)
Susanne Blocksdorf, Tyskland (1996)
Harald Bodøgaard, Norge (1994)
Finn Henrik Bodvin, Norge (1987)
Emanuella Camacci, Italia (1998)
Einar Dahle, Norge (1996)
Zhang Dan, Kina (1992)
Daisuke DD, Japan (2010)
Emanuell Debarre, Frankrike (1987)
Olaf Didzum, Tyskland (1996, 2004)
Live Due, Norge (1994)
Robert Elfgen, Tyskland (1996)
Takahiko Endo, Japan (2007)
Christl Falbesoner, Østerike (2011)
Ioanna Filippidu, Hellas (1985, 1987)
Margrethe Friis, Norge (1996)
Rytaro Fujie, Japan (2010)
Makoto Fujiwara, Japan (1985, 1994, 1996, 2004, 2007, 2010, 2011)
Robert Greenwood, England (1996)
Claes Hake, Sverige (1996)
Jacqueline Hassink, Holland (2000)
Ulrik Hellum, Norge (1996)
Klaus Herbrich, Tyskland (2007)
Paul Hoffmann, Tyskland (2007, 2010, 2011)
Doug Hunter, Canada (2000)
Jasmin Hurst, Tyskland (2010)
Shiiko Iwaki, Japan (2007, 2010)
Jan Olav Jensen, Norge (1996)
Hideaki Kobayashi, Japan (2007)
Verena Koppel, Tyskland (1996)
Martin Kuhn, Tyskland (1996)
Janez Lenassi, Slovenia (1992)
Cecilia Li, Taiwan (2000)
Martine Linge, Norge (1998)
Thomas Link, Tyskland (1992)
Peter Lundberg, U.S.A. (2002)
Marit Lyckander, Norge (1985, 2004)
Silvia Makita, Italia (1996)
Michikatzu Matsune, Japan (2000)
Lydia Musco, U.S.A. (2002)
Louis Niebuhr, Tyskland (1985)
Stephan Obermayer, Tyskland (2007)
Harald Oredam, Norge (2000)
Darell Petit, Canada (1992, 1996, 1998)
Paul Petry, Tyskland (2004)
Lilia Pobornikova, Bulgaria (2002)
Karl Prantl, Østerike (1985, 1994, 1996)
Uta Prantl, Østerike (1996)
Sebastian Prantl, Østerike (2000)
Peter Paskiewicz, Østerike (1987)
Indulis Ranka, Latvia (1987)
Enrica Rebeck, Italia (1998)
Elisabeth Reichegger, Østerike (2010)
Hilde Rodal, Norge (1985)
Yoko Sako, Japan (1992)
Doris Schälling, Tyskland (1990)
Per Schou Hanssen, Norge (2007)
Nicola Schröder, Tyskland (1985)
Shinroku Shimokawa, Japan (2011)
Kristel Sinson, Frankrike (2002)
Ricardo Sohn, Tyskland (2007)
Hagbart Solløs, Norge (2004, 2011)
David Svoboda, Tsjekkia (2011)
Flavio Titolo, Italia (1992)
Tove Mugaas Traavik, Norge (1990)
Susanne Tunn, Tyskland (2011)
Keizo Ushio, Japan (2000)
Reijiro Wada, Japan (2011)
Harald Wårvik, Norge (1985)
Zoé de L'Isle Whittier, Frankrike (1987)
Knut Wold, Norge (1985, 1987, 1990, 1994, 1996, 1998, 2002, 2004, 2011)
Noburu Yoshida, Japan (1990)


posted by 事務局 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ポツダム広場の名前が変わった。Hiroshima-Nagasaki-Platz

ohirome.jpg
hiroshima_nagasaki.jpg


実は公園課が勝手にオレンジ色(僕は作業中いつもこの色のズボンだったからか)の
ベンチに塗ってこのハの字型に取り付けたらしい。 僕らの計画では左側で控えめな場所のはず。

しかしこれも何度もみていると結構おもしろいんではないかと思えてくるのだ。  冬のドイツにうってつけの晴れやかな色。
これはドイツの清掃局作業員の服の色でもあり、ここで彼らが休んでいたということも聞いた。
迷彩色で彼らの落ち着く場所だったらしい。

これも悪くないなと思い始めています。正面の建物はポッダム会談のときにトルーマンが滞在した別荘で
リットルホワイトハウスと呼ばれ原爆投下の命を下した(1945年7月25日)という。いまはその資料などが展示
されこの計画はじめは目の前のたんこぶとして新聞紙上で何日間も論争がありました。デモクラシイです。「陰でスポンサーが皆おりてしまったというおまけ付きでした。
アメリカ人建築家ミスヴァンダローへの初期の作品です。

ポッダムは映画のスタジオがあり いまでも学校があります。ポッダム会談は近くのツエチチリアンホーフという
お城でスターリン、チャーチル、トルーマンが戦後ドイツ統合を相談しました。その合間に原爆投下の命が内密になされたと聞いています。 戦後65年経ってここにやっと長崎の名前の入った広場ができた。外林先生はほっとして年末28日に他界、この23日にポッダムでお葬式です。      まこと

isu.jpg
posted by 事務局 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月25日

「POSTCARDS FROM JAPAN」展

「POSTCARDS FROM JAPAN」展
ニューヨーク巡回のお知らせ



本展は以下の通り巡回いたしましたのでお知らせいたします。

これまでに「岩手県公会堂アートショウ」に参加した作家を中心に、東北からのメッセージというテーマで、東北出身22名の現代美術作家のA5サイズ作品による展覧会です。
去る8月6日から9月4日まで英国エジンバラの中心にあるセント・ジョンズ教会の大礼拝堂に展示され大変好評を博しました。

これからワールドツアーを行います。東日本大震災復興に寄与するため、作家として表現を通じ世界に情報発信していきます。その第一弾としてニューヨークでの展示を行います。


■展覧会名:「POSTCARDS FROM JAPAN」展
■会期:2011年10月3日から11月27日まで
■会場:Japan Society Gallery
■住所:333 East 47th Street, New York, NY 10017, USA
■Tel: 212 715 1283
■Fax: 212 715 1262
■主催:POSTCARD project
■協賛:グレートブリテンササカワ財団、スチュワート
■出品作家;百瀬寿、本田健、本田恵美、アニアス・ワイルダー、ケイト・トムソン、石川美奈子、青野文昭、本村健太、森眞一、岡田卓也、沢村澄子、佐藤一枝、佐藤才子、早坂幸子、吉田重信、加茂幸子、渡辺晃一、細川憲一、木戸永二、小野崎拓哉、片桐宏典

■(カタログ/A5ヨコ/62p/オールカラー)。

なお、このあとさらにロンドン、バーミンガム、シェットランド、パリ、台北、ニュージーランド、東京と巡回予定です。よろしくお願いいたします。

POSTCARD project
片桐宏典
ケイト・トムソン
posted by 事務局 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月12日

神石高原アートプロジェクト仙養ヶ原石彫シンポジウム 2011SENYOUGAHARATheStoneSculpture Symposlum2011

神石高原アートプロジェクト仙養ヶ原石彫シンポジウム
2011SENYOUGAHARATheStoneSculpture Symposlum2011
関連企画公開討論会「芸術が社会と共振するために」
「仙養ヶ原石彫シンポジウム2011」senyougahara_sym.gif

開催に際し、神石高原町にて野外彫刻展に造詣の深い著名な彫刻家を招いての公開討論会を開催いたします。
過去50年にわたリ、日本各地でさまざまな野外彫刻展が開催されてきました。
それらは美術館や画廊という枠を飛び出し、複雑で多様な公共空間のなかで社会における芸術の役割や司能性を拡大してきました。
しかし同時に、公共空間に作品を設置することの難しさも、はっきリ認識ざれるようになってきています。
本討論会では、パネラーが積極的に関わった「米子彫刻シンポジウム」(鳥取県米子市)や、「雨引きの里と彫刻」(荻城県真壁郡大和村)などの野外彫刻展を参考にしながら、公共空間における芸術作品の関わり方や、地域社会と芸術のよリよい関係を模索してゆきます。
また、ヨーロッパなどで盛んに行われている石彫シンポジウムの事例を紹介しながら、地域に根ぎした新しい形式の野外彫刻の可能性について検討していきたいと思います。
どうぞお気軽にご参加ください。

開催日時:平成23年8月27日(土)15:00-17:00
会場:三和公民館広島県神石郡神石高原町小畠2025番地(神石高原町役場隣)

第1部石彫シンポジウム2011参加作家紹介土井満治(彫刻家。
広島市立大学助教)藤江竜太郎(美術家)三宅良子(彫刻家)前川義春(彫刻家広島市立大学教授)

第2部パネルディスカッション「芸術が社会と共振するために」パネラー:井田勝己(彫刻家東京造形大学教授)前川義春(彫刻家広島市立大学教授)村井進吾(彫刻家多摩美術大学教授)コーディネーター:藤井匡(広島市立大学協力研究員)進行:土井満治(彫刻家,広島市立大学助教)
お問い合わせ:仙養ヶ原ふれあいの里
電話(0847)82-2823
Email:information@senyo-gahara.⊂om

仙養ケ原シンポジウムリーフレット
http://ishikaraishie.sakura.ne.jp/gehen/menber/senyougahara_sympo.pdf



posted by 事務局 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月09日

OSAMU NAKAJIMA EXHIBITION

中島 修 展 (海を渡った彫刻家 ー オーストリア滞在42年の歩み)
2011,SEPTEMBER 2(FRI) - NOVEMBER 27(SUN)
THE MUSEUM OF CONTEMPORARY ART, KARUIZAWA


軽井沢現代美術館
長野県北佐久郡軽井沢町長倉2052−2
TEL:0267-31-5141
http://www.umigallery.com

http://ishikaraishie.sakura.ne.jp//gehen/menber/nakajima_ex.pdf(案内状)


nakajima.jpg
posted by 事務局 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月07日

Hyllest til Karl Prantl (プランテルさんを偲ぶ) Symposium Norge 2011

あっという間に二ヶ月間が飛び去りました。今夏は雨も多く曇り日がつ
ずいて制作は思いがけず順調、防水具も昔と違い大変よくなっており
夫々が
勘考してテントの張り合いを競う余裕があって和やかでした。30代、40だい、
今思うと良い人選でした。プラんテルさんの言う若い連中にチャンスを
というのが見えてました。
 
最終日にはプッチングからカトリーナと前のイレーネ市長(生前カール
のプロジェクトをサポートしていた)が駆けつけてくれました。
インダストリイと一緒になった形、どうにか見える様になりつつありま
す。

九月に帰国考えています。     まこと

(詳しくは下記をクリック!)
 http://ishikaraishie.sakura.ne.jp/gehen/menber/hyllest_til_kp_symponorge2011.pdf
 
 
sympo_norge_11_ページ_1.jpg
sympo_norge_11_ページ_2.jpg
sympo_norge_2011.jpg
IMGP7232.jpg

posted by 事務局 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月22日

ラービックの石彫公園/全体図がみえてきました。[Tue, 21 Jun 2011 07:17:19 +0200]

 終日の雨でうんざりしてます。ただ雨中をついて草刈りをしていて苔む
した小岩をさわっていたらこんな文様が現れました。
石のスジであるか,意図的な人の手が加わったものか、プランテルさんの作品に近い図様があるのでふしぎな感に打たれまし た。

IMGP6156.jpg

此の場所は作品置き場(元は麦畑)の一角で左手は石切場がもろに展望
出来て 願っても無い場所です。

出来たら二枚の画像をプリントしてはりあわせてください。全風景が出
来たら左下にある石がスジの入った上記の石です。

IMGP6166.jpgIMGP6167.jpg

このことでどうにか此処で始めたことがつながって来たような気持です。
石切場のてっぺんに20年使っていたアトリエがありました。此の向こ
う側に今年のシンポジウムの場所があり今10人が仕事を始めていま
す。右手に見える作品のなかで2軒の小屋が見えますがそこで今までの
のシンポジウムを紹介します。 一つはノルウエーでのプランテルさん
の仕事の紹介,もひとつは此処でのシンポジウムを
まとめてみました。
 此処に来たのが1982年の6月6日でした。 
    まこと

posted by 事務局 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月24日

お見舞い

 この度の、東北関東大震災で被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。

かって誰しもが経験したことのない様な大災害に遭遇され、不運にも被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

posted by 事務局 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月02日

カール・プランテルさんの葬儀

藤原信さんからプランテルさんの葬儀の写真を送ってきました。
シンポジュウム仲間や関係者に会え話が出来てよかったと書かれていました。
karl.gif



                           合掌
posted by 事務局 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記