2011年09月25日

「POSTCARDS FROM JAPAN」展

「POSTCARDS FROM JAPAN」展
ニューヨーク巡回のお知らせ



本展は以下の通り巡回いたしましたのでお知らせいたします。

これまでに「岩手県公会堂アートショウ」に参加した作家を中心に、東北からのメッセージというテーマで、東北出身22名の現代美術作家のA5サイズ作品による展覧会です。
去る8月6日から9月4日まで英国エジンバラの中心にあるセント・ジョンズ教会の大礼拝堂に展示され大変好評を博しました。

これからワールドツアーを行います。東日本大震災復興に寄与するため、作家として表現を通じ世界に情報発信していきます。その第一弾としてニューヨークでの展示を行います。


■展覧会名:「POSTCARDS FROM JAPAN」展
■会期:2011年10月3日から11月27日まで
■会場:Japan Society Gallery
■住所:333 East 47th Street, New York, NY 10017, USA
■Tel: 212 715 1283
■Fax: 212 715 1262
■主催:POSTCARD project
■協賛:グレートブリテンササカワ財団、スチュワート
■出品作家;百瀬寿、本田健、本田恵美、アニアス・ワイルダー、ケイト・トムソン、石川美奈子、青野文昭、本村健太、森眞一、岡田卓也、沢村澄子、佐藤一枝、佐藤才子、早坂幸子、吉田重信、加茂幸子、渡辺晃一、細川憲一、木戸永二、小野崎拓哉、片桐宏典

■(カタログ/A5ヨコ/62p/オールカラー)。

なお、このあとさらにロンドン、バーミンガム、シェットランド、パリ、台北、ニュージーランド、東京と巡回予定です。よろしくお願いいたします。

POSTCARD project
片桐宏典
ケイト・トムソン
posted by 事務局 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月12日

神石高原アートプロジェクト仙養ヶ原石彫シンポジウム 2011SENYOUGAHARATheStoneSculpture Symposlum2011

神石高原アートプロジェクト仙養ヶ原石彫シンポジウム
2011SENYOUGAHARATheStoneSculpture Symposlum2011
関連企画公開討論会「芸術が社会と共振するために」
「仙養ヶ原石彫シンポジウム2011」senyougahara_sym.gif

開催に際し、神石高原町にて野外彫刻展に造詣の深い著名な彫刻家を招いての公開討論会を開催いたします。
過去50年にわたリ、日本各地でさまざまな野外彫刻展が開催されてきました。
それらは美術館や画廊という枠を飛び出し、複雑で多様な公共空間のなかで社会における芸術の役割や司能性を拡大してきました。
しかし同時に、公共空間に作品を設置することの難しさも、はっきリ認識ざれるようになってきています。
本討論会では、パネラーが積極的に関わった「米子彫刻シンポジウム」(鳥取県米子市)や、「雨引きの里と彫刻」(荻城県真壁郡大和村)などの野外彫刻展を参考にしながら、公共空間における芸術作品の関わり方や、地域社会と芸術のよリよい関係を模索してゆきます。
また、ヨーロッパなどで盛んに行われている石彫シンポジウムの事例を紹介しながら、地域に根ぎした新しい形式の野外彫刻の可能性について検討していきたいと思います。
どうぞお気軽にご参加ください。

開催日時:平成23年8月27日(土)15:00-17:00
会場:三和公民館広島県神石郡神石高原町小畠2025番地(神石高原町役場隣)

第1部石彫シンポジウム2011参加作家紹介土井満治(彫刻家。
広島市立大学助教)藤江竜太郎(美術家)三宅良子(彫刻家)前川義春(彫刻家広島市立大学教授)

第2部パネルディスカッション「芸術が社会と共振するために」パネラー:井田勝己(彫刻家東京造形大学教授)前川義春(彫刻家広島市立大学教授)村井進吾(彫刻家多摩美術大学教授)コーディネーター:藤井匡(広島市立大学協力研究員)進行:土井満治(彫刻家,広島市立大学助教)
お問い合わせ:仙養ヶ原ふれあいの里
電話(0847)82-2823
Email:information@senyo-gahara.⊂om

仙養ケ原シンポジウムリーフレット
http://ishikaraishie.sakura.ne.jp/gehen/menber/senyougahara_sympo.pdf



posted by 事務局 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月09日

OSAMU NAKAJIMA EXHIBITION

中島 修 展 (海を渡った彫刻家 ー オーストリア滞在42年の歩み)
2011,SEPTEMBER 2(FRI) - NOVEMBER 27(SUN)
THE MUSEUM OF CONTEMPORARY ART, KARUIZAWA


軽井沢現代美術館
長野県北佐久郡軽井沢町長倉2052−2
TEL:0267-31-5141
http://www.umigallery.com

http://ishikaraishie.sakura.ne.jp//gehen/menber/nakajima_ex.pdf(案内状)


nakajima.jpg
posted by 事務局 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月07日

Hyllest til Karl Prantl (プランテルさんを偲ぶ) Symposium Norge 2011

あっという間に二ヶ月間が飛び去りました。今夏は雨も多く曇り日がつ
ずいて制作は思いがけず順調、防水具も昔と違い大変よくなっており
夫々が
勘考してテントの張り合いを競う余裕があって和やかでした。30代、40だい、
今思うと良い人選でした。プラんテルさんの言う若い連中にチャンスを
というのが見えてました。
 
最終日にはプッチングからカトリーナと前のイレーネ市長(生前カール
のプロジェクトをサポートしていた)が駆けつけてくれました。
インダストリイと一緒になった形、どうにか見える様になりつつありま
す。

九月に帰国考えています。     まこと

(詳しくは下記をクリック!)
 http://ishikaraishie.sakura.ne.jp/gehen/menber/hyllest_til_kp_symponorge2011.pdf
 
 
sympo_norge_11_ページ_1.jpg
sympo_norge_11_ページ_2.jpg
sympo_norge_2011.jpg
IMGP7232.jpg

posted by 事務局 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記